★小ネタ4★条件分岐で使える便利なメソッド2 もし、パーティの誰かが……

こんにちは^^
お久しぶりです。
長らく放置していてごめんなさい。。
ようやく私用も終わったのでボチボチと更新していこうかなあと^^;
そういえばもう12月ですね。
すっかりと寒くなりました。
どうも冬は苦手です……

さて、今回は以前の記事で書きましたコレの拡張というか応用編。
ザッツ条件分岐で使える便利なスクリプトの小ネタ第二弾!

↓まずはこちらのSSを

ツクールをしている方ならよく目にするイベントコマンドの条件分岐
アクターの状態で分岐するというやつですね。

皆さんは、これパーティに居る誰かしらの状態で分岐したいと思ったことは
ありませんか?自分は大いにあります。
しかし、残念ながらこの機能ではアクター一人一人づつでしか分岐できません。
なので、もしパーティに居る誰かしらの状態で分岐するイベントを作ろうと思ったら
仲間に出来るアクターの人数分、分岐を用意しなければなりません。
仲間に出来るアクターが3,4人ならともかく10人も20人もいたらと考えると……
う~ん……すごく面倒ですね。というかゾッとします^^;
そこで今回はそんな手間を軽減する小ネタをご紹介します。

気になる方は続きから!!

続きを読む

スポンサーサイト

★小ネタ3★ノーダメージでステート異常が付くのはどうなのか!?

おはようございます^^
今週も小ネタで更新しちゃうぞのコーナーです。

例えば麻痺斬りというスキルを作ったとします。
効果は通常攻撃と同様のダメージを与え、尚且つ100%で麻痺を与えるというものです。
(何ともチートなスキルですが、ここは例えばの話なのでご容赦を^^;)

次に防御力の馬鹿高いモンスターがいたとします。
普通の攻撃では傷ひとつ付きません。(要するにノーダメージ)

↓この条件で攻撃を行うとデフォルトの仕様ではこうなってしまいます。
ノーダメ麻痺

むむ…これはどうなのかと。
ノーダメージでステート異常が付くのは自分的にはちょっと解せない。
そこで今回はそれを改善する小ネタの紹介です。

ボクもワタシもと思う方は続きから!

6/9
おお! たくさんの拍手ありがとうございます^^
やっぱり、この仕様に疑問を感じますよね…!?
この小ネタが参考になれば幸いです。

6/20
記事に誤りがあったので訂正しました。
参考にして下さった皆様にはご迷惑をお掛けして
申し訳ございません。

続きを読む

★小ネタ2★売却専用ショップ

こんにちは^^
皆様、黄金週間はいかがお過ごしでしょうか?
この頃はまとまった時間がなかなか取れず、ツクールやRGSS3を
ゆっくりと弄ることができません。。
今回もまた小ネタで更新です^^;

エースのデフォでは売却専用ショップというのが作れません(よね…?(不安))
擬似的に作ってやろうと思いショップ処理のイベントコマンドでアイテムを空欄にして
設定しようにも『商品リストが空です』とダイアログが出てキャンセルされる始末;;
なんか悔しかったので、ちょろっとスクリプトを作ってみました^^;

まあ、作ったと言っても既存のクラスを元にちょろっと弄っただけですし、
これを素材とするのは、さすがに気が引けましたので小ネタカテゴリでの紹介です。

使用法は、下にアップしてあるスクリプトをエディタへコピペして
イベントコマンドスクリプトに only_sell_shop と記述することで
売却専門のお店を呼び出すことが出来ます。
また、追加機能として引数を指定すると売値のレートを%で設定出来ます。
only_sell_shop(sell_rate)
例)only_sell_shop(30) と記述するとデータベースで設定した30%の売却価格。
引数を省略した場合の売却レートは、50%(デフォ)となります。
もちろん店ごとにレートも変えられますし、この店は売却価格を2倍にとかも可能です。

>拍手
こんな小ネタに拍手嬉しいです^^

↓スクリプト
売却専用ショップ

★小ネタ★条件分岐で使える便利なメソッド

こんばんは^^
今日は特にネタがないのでツクールVXAceで使える小ネタでも…
いや、ネタがないなら更新するなって話だけど、このまま放置してたら自分の性格上
ずっとそうしそうなので^^;
無印VXを使っていたとき記事にしてた小ネタのお時間略して…(黒歴史)の続きです。

例えば、イベントで罠の付いてる宝箱を作ったとします。
そして、その罠を解除できるシーフツールという装飾品も作ったとします。
で、パーティの誰かがそれを装備していたら罠に掛からないというイベントを作る
予定だとします。
通常、こういうイベントを作ろうと思ったら、パーティの人数分シーフツールを
装備しているかどうかで、条件分岐を使ってイベントを組まなければなりません。
パーティの総人数がが4,5人ならまだしも10人も20人もいたら大変な作業量となります。
そんなときに、スクリプトを使った便利な条件分岐を紹介しましょう。

長くなりそうなので気になる方は続きから!

>拍手、コメ
少しでもお役に立ててよかったです。
製作頑張ってください^^

続きを読む

FF式ラーニング サンプルのみ

こんばんは^^
今回は素材ではなく自作ゲームで使おうとしていたスクリプトの紹介です。
全く日記も更新してないのに自作ゲームなんかほんとに作ってるのかよと思われるかも
ですが一応、頑張ってます^^;
でも、完成するかはどうかは別の話…

それはさておき、どういうモノかといいますと、某FFシリーズの青魔道士&
ラーニング再現スクリプトです。
ラーニングというのは簡単にいうと敵が使ってきたスキルを習得するシステムですね。

個人的にネット検索すると、無印VXではいくつかラーニングシステムを
公開している方がいらっしゃるみたいですね。
これらのスクリプトを拝見させて頂くと装備やステートにつけてラーニングする
仕組みで、さらにその戦闘でラーニングした直後からスキルを使用可能になる
タイプですね。
やはり素材化するなら、こんな感じで汎用的にするのが一番なのでしょうね。
とても素晴らしいスクリプトです。

一方、自分の製作したものは上記のタイプとは異なり、某FFシリーズのラーニングに
近いタイプです。
一部、未完成な部分もありver.0.9となってますが、普通に使う分には大丈夫でしょう!
…たぶん^^;
そういう経緯もあり、今回は素材単体ではなくサンプルで紹介する形にしました。

スクショを見ていただくと分かると思いますが戦闘中にラーニングしても
その戦闘では使用できなく戦闘終了後、勝利した後に覚えます。
ただし、対象アクターが生存していることが条件です。
そして、設定は装備とかではなく職業にするタイプになっています。
その他、詳しい設定や説明はサンプル内をご覧ください。

使用は自由にしてくださって構いませんが素材ではないので機能拡張の追加の予定や
サポートはありません。
ただし、あからさまなバグなどは修正するつもりです。

>拍手
ありがとうございます^^励みになります。

↓サンプル(要VXaceRTP ツクールのver.1.01a pass=tc)
FF式ラーニングサンプル

以下雑記

続きを読む

プロフィール

mo-to

Author:mo-to
RGSSとJavaScriptを学んで弄って遊んでいます。
まだまだひよっこですが宜しくお願いします。
所持ツクールはXP、VX、VXAce、MV
Twitter

リンクはフリーです。ご自由にどうぞ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
T.COOL人気記事ランキング
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR