RPGツクールの小ネタのお時間。略して小ネタイム(笑)Part.1 戦闘前後の画面切り替えを早くしよう! 後編

前回の前編では、戦闘前の画面の切り替え速度を早くする小ネタをやったので
後編では、戦闘後の画面の切り替え速度を早くする小ネタを紹介します。

戦闘後の画面切り替え、つまり、戦闘が終了した後にマップ画面に戻る間の
画面がフェードアウトしている時間は
スクリプトのScene_Battleの191行目にある●戦闘終了の

  #--------------------------------------------------------------------------
  # ● 戦闘終了
  #     result : 結果 (0:勝利 1:逃走 2:敗北)
  #--------------------------------------------------------------------------
  def battle_end(result)
    if result == 2 and not $game_troop.can_lose
      call_gameover
    else
      $game_party.clear_actions
      $game_party.remove_states_battle
      $game_troop.clear
      if $game_temp.battle_proc != nil
        $game_temp.battle_proc.call(result)
        $game_temp.battle_proc = nil
      end
      unless $BTEST
        $game_temp.map_bgm.play
        $game_temp.map_bgs.play
      end
      $scene = Scene_Map.new
      @message_window.clear
      Graphics.fadeout(30) #←ココ 212行目
    end
    $game_temp.in_battle = false
  end

で設定されているので、Graphics.fadeout(30)の行に書かれている()内数字を小さくすることで画面の
切り替えを早くすることが可能です。
この数字はフレーム数といって60フレームが1秒と決まっています。
即ち、この場合は30フレームなので約0.5秒フェードアウトが入るということですね。
この辺はイベントコマンドでも出てくるので、いまさら説明する必要はなかったかな^^;

ちなみに、ココを#Graphics.fadeout(30) ←コメントアウトしてやるとフェードアウト無しで
画面が切り替わるので、ビックリするくらいテンポが良くなります(笑)
ただ、イベント戦闘なんかだと即画面が切り替わるのが不自然に映るかもしれないですね。

よければ、前回の前編と今回の後編の合わせ小ネタで、超テンポのRPGを作ってみてください。
もし、この小ネタがお役に立てれば幸いです^^

では、次回があるか分かりませんが、またノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mo-to

Author:mo-to
RGSSとJavaScriptを学んで弄って遊んでいます。
まだまだひよっこですが宜しくお願いします。
所持ツクールはXP、VX、VXAce、MV
Twitter

リンクはフリーです。ご自由にどうぞ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
T.COOL人気記事ランキング
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR